スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「茶亭 羽富」 渋谷 

DSC03441a.jpg


~渋谷の名店、アンティークに囲まれ静かなひととき~
■茶亭 羽富
場所/渋谷区渋谷1-15-19
TEL /03-3400-9088
休日/無休
時間/11:00~23:00(通年)
紹介記事 http://miyashita-park.jp/blog/kaiin-homepage/futaba-biru/hatou/hatou-1.html
*****************************************************************

DSC03441a.jpg
ビルの谷間にあるので、日中でもしっとりとした雰囲気があります。


DSC03449a.jpg
大正ロマンの薫り溢れるネオン。


DSC03453a.jpg
ドアを開けると白壁が、お店はほんのりと暗めです。


DSC03444a.jpg
お店のカップはどれも一流品ばかり。
壁やカウンターにはカップがずらりと並べられています。
フォトは、ブレンド(炭火煎羽富オリジナル)コーヒー(800円)、オープンサンド(500円)です。
珈琲は一口飲むと濃厚で芳醇な香りが口の中に広がります(ホントに!)



このお店は、宮益坂の交差点をココチビル方面に向かって歩き(明治通り)一本目の道を右折、坂を少し歩くと左手に見えて来ます。
(右折する時に木の案内板がちょこんと置いてあるのですぐ分かります)
渋谷の中心街から一歩入るだけで、こんなに静かなお店があるなんて!
と、誰もが驚くほどに静かなんです。
場所柄、会社員や催しの帰りに一人で寄る人(あ、自分のことです。笑)、どちらかというと年配の方が多いようです。
話声は若干響く感じではあるのですが、静かなお店には変わりありません。
お店には静かにクラシックが流れています。

お店に入った時は、一瞬、カウンター中心の細長いお店かと思うのですがさらにその奥があり、内部はL字型になっているのが分かります。
壁や棚には、美しくアレンジメントされた木々や花の花瓶が、また、様々なアンティークの置物が置いてあります。
置物は和風、洋風と取り混ぜて飾られているのですが、決して煩雑になることなく調和が取れていてとても美しいのです。
カウンターとテーブル席を合わせて約50席。
出来ればカウンター席か、奥の席がお勧めです。

炭火焙煎珈琲店です。
珈琲は、800円から。
お値段は高めの設定ですが、一度は訪れてみたいお店です。

*****************************************************************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。