スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十一房珈琲店 カフェ・ベシェ」 銀座・有楽町 

DSC02382a.jpg

~通りの喧騒から逃れると、そこはジャズが流れる正統派カフェ~
■十一房珈琲店 カフェ・ベシェ
場所/東京都中央区銀座2-2-19
TEL /03-3564-3176
休日/無休
時間/10:00~22:00(土・日曜、祝日は12:00~21:00)
紹介記事 http://gourmet.yahoo.co.jp/0000603606/M0013000986/
*****************************************************************

DSC02382a.jpg
洒落たネオンがお出迎え。


DSC02387a.jpg
お店は通りから一歩奥にあります。


DSC02378a.jpg
ドアの取っ手もお洒落です、これは珈琲の木の葉っぱなんでしょうか?


DSC02368a.jpg
透明の瓶には様々な豆が入っています。
店内はやや照明を落としていているのですが、ジャズ喫茶にありがちな暗いトーンでは無く、ライトで清潔感溢れ落ち着いた雰囲気です。


DSC02363a.jpg
お店のカップは主にウエッジウッドやジノリなどの欧州ブランドのカップが使われているようです。
ワタクシが今回飲んだものは、フルシティロースト(600円)、シティロースト(600円)です。
(2杯目は100円引きになります)
自分的にはシティローストがお気に入り。



このお店は、交通会館の筋向い、外堀通りに面しています。
(メトロ有楽町線の上がり口、すぐ出たところ)
一歩奥に入っているので、通りの喧騒は聞こえず静かな落ち着いた雰囲気が広がっています。
時間によっては満席で話声が響いたりするのですが、あっという間に人が引いていくので、すぐに何時もの静けさに戻ります。
真空管のアンプから流れるジャズも控え目で会話を壊すこともありません。

オフホワイトの白壁に、木の素材の持つ暖かさ。
木もログハウスのようなアウトドア志向では無く、控え目に効果的に使われているので妙な圧迫感はありません。
ピカピカに磨き上げられたカウンター。
塵一つ無く清潔感溢れている店内。
ライトで清々しい、気持ちの良い店なのです。

自家焙煎珈琲店です。
ネルドリップで丁寧に入れられた珈琲。
(豆の状態を見ながらネルを傾け抽出、それを一度小鍋に入れて加熱します)
ブレンドは、例えば、ライトロースト、シティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストの5種類など焙煎度合いで選べたりします。
豆の種類は他にも数多くあり、メニューには一つ一つ説明が書かれているので、初めての方にもとても分かり易いです。
カウンターとテーブル席がありますが、出来ればカウンター席を。
じっくりと丁寧に手順良く入れられる珈琲を見るのがまた楽しいんです。

*****************************************************************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。